2016年05月08日

●V・ファーレン長崎 0-3 ファジアーノ岡山 2016 J2

GWがまだまだ続いてる気がするけど、街は大して混雑も無く
昨日の雨も上がり、晴れてるんだけどPM2.5が若干濃いのか
ガスってる感じの土曜日のデイゲームでした。

J2 リーグ戦 2016 第12節 2016年5月7日(土曜日) 16:00 キックオフ
V・ファーレン長崎 ホームゲーム。
ファジアーノ岡山戦
長崎県立総合運動公園

スタグルを昼食にする予定なので、昼飯抜きで、14時のシーサイドライナーに乗ります。

あとは、いつもの通り、諫早駅からバスでスタジアムへ。

本日のラップタイム!
JR長崎駅発、14:00
JR諫早駅着、14:31 (現川で離合待ちで5分遅れです。これは日常でもあるw)
諫早駅前バスターミナル着、14:37
諫早駅前バスターミナル発、14:45 (臨時バス)
競技場北口バス停着、14:53

結局、いつもと変わらない感じで、JR長崎駅から、約1時間でスタジアム着です。


本日は、あんまり時間的余裕もないですが、軽くスタジアムさるく。

バクスタ裏の池付近の花壇の、花菖蒲が咲き始めでした。

ここら辺に植えてあるのは、外国産の品種が多いみたいです。

紅葉の葉っぱの上に、赤い2枚のトンボみたいなのがでてました。
この赤い部分は、紅葉の「種」をはこぶ羽根でこの下に種がついている。


スタグルですが、時間がギリな為か、やや列が短っかったので、
久しぶりに、BIG MAMA のたこ焼きの列に並んでみる。

毎回いってるんですけどwここのたこ焼きはうまいですが、作るのが丁寧なため遅いんです。本日も、多少作る時間があって、前に10組くらい並んでる状況で、並んだ時間は約15分くらい。ここに並ぶと30分くらいかかる場合もあるので注意です。たぶん、みてると、1回に20パックくらいは出来てる感じです。それが捌けたら5~10分くらい焼き時間が入ります。
そのほかは、定番系のご飯とおつまみを買い込む。

やっぱり、浜勝の串カツは外せませんねw


そんなこんなで、ゲームのお話。

-3の敗戦。スコア的には完敗としか言いようが無い(涙

普通に考えると、引き分けが平常運転だとは思ってました・・・。
その通り、試合内容自体はいい勝負だったんですけど


まず、岡山さんの方ですが
どう考えても、35番ですね。格が違います。最初こちらが有利な1:1を仕掛けたケースがありましたが、そこでも粘り勝ちでシュートを撃たせなかったし、ほんとに粘り強い守備という感じでいわば壁ですね。おそらく、こちらのFWが一人では絶対に破れない壁という感じがしました。また、そこを避けてこちらがシュートを撃ってもGK正面な訳です。ボディーコンタクトだけはで無い。なにもしてないときのポジショニングも良い。あの35番はお金を払ってみるべき選手だと思います。
ただ、攻撃的に言うと、個人レベルで突出した怖さは感じなかった。おそらく相手10番が配給して、トップで納めてどうにかしようというと言う意図は感じられましたけど、どちらかという、攻撃するときの陣形というか、要するに、横に広げる意図を持った攻撃の仕方がいい感じだなと言う感じがしました。現時点でJ2で最多得点を挙げているチームなので、おそらくフィニッシュにはある程度自信を持っているのかもしれない。簡単に言うとチーム状態としてある程度の勢いを持っていると言う印象です。ずばり試合内容自体ではチーム力にそんなに差は無いなのに点が入っている。それをロジックで説明するのは難しいと思います。


たいして、こちらの状況ですが。
今季ホーム勝ち無し。再び、得失と失点がリーグワースト
もはや、堅守のチームという言葉はうちのチームには当てはまらない。

サッカーの戦術の詳しい事はわかりませんけど。
本日の攻め方に関して言うと、ボールサイドに寄りすぎだと思いました。

こちらの攻撃ターンでは、こういう感じの攻めが多かったです。

攻めているときに、コートの幅の半分しか使っていない。もちろん選手間の距離を短くするなど、チーム戦略はあるかと思います。でも、たとえば、決定的なクロスを上げるとしてファーという選択肢を失っているので、相手を横に揺さぶるという攻撃が選択肢から消えている。必然的に相手DFも固まっているわけで、シュートを打つ段階になってもコースがないと言う状況になっているケースが多かった。ただ、シュートは打ててるし、惜しいのも混じってるので、機能してない訳でもなそう。ようはごり押しだけでは難しいと言うことかも。

これが、岡山さんの攻撃ターンでは、こうなっていた。

幅があるので、横に揺さぶられるかもしれないし、相手10番のパスターゲットも選択肢の幅が広いわけです。ここらへんに本日の攻撃のやり方は違いがあったと思います。

その中でも、本日いいなと思ったのは、13番のパクヒョンジン選手(名前覚えましたが、顔はまだわからないw)でした。パク選手だけは走るときに、ワイドに開く動きをしていましたので、現状を打開しようとしていたと思います。また、蹴ったボールの質もなかなかいいかな?という感じがする。ただー。その質が、まわりのみんなと、なんか合っていないような気がする。ここらへんはチームワークと言う話になっていくかと思います。昨年までの。イヨンジェ選手が一人で頑張っていて前線で孤立していたのとはまたちがう感じです。もちろん、うちのチームで13番14番はエースナンバーでしょうから。頑張ってもらわないと困るわけですが・・・。

あと、DFの村上選手が上がってる時間が長過ぎなので、もちろんそれがチーム戦略だとは思いますけど、そこが空いたポジションをMFが埋めることになり、結果として、攻撃にスピードが出ていないという気がしました。ポジションを最初から上げておくなど、一度仕事をもっとはっきりした方が良いのではないかという気がしました。もちろん、絶賛崩壊中のうちのディフェンスが頻繁に最前線まで上がってそこで体力や集中力を消費していいような状況ではないと思います。

長崎ホームで2試合続けて3失点とか、たぶん史上初?だと思うw
そう、史上最弱、開いた口がふさがらないとはまさにこのことを言う。

うん、わかっている。今文句を言い出すとキリが無い。

というわけで、本日も、元気をもらえることは無く、
ハンパない徒労感と共に帰宅です。仕方ないので、
今日は、写真を撮りながら散歩ついでに、試合を見に来たんだ!と言うことにしておくw



諫早駅までくると、PM2.5の夕焼けが意外と綺麗でした。


このくらい部分だけ、明るくする作業を「暗部を持ち上げる」といいますが

最近は、PCのソフトが優秀でいろいろやってくれます。
でもやり過ぎると上のようにキモイ絵になるので、ほどほどにしとくのがよろしいかとw


次は、山形さんですが、なんか調子を上げてきてるみたいなので、またなかなか厳しい試合になりそうですね。でも、ここら辺に勝っとかないと、本当に上にいく道が閉ざされるので、頑張って欲しいです。これはサッカーというルールにのっとった闘いでありますのでモチベーションが大事です。選手も応援もw



地図はこちら



同じカテゴリー(V・ファーレン長崎)の記事画像
祝☆V・ファーレン長崎 J1昇格! 2017 J2
○V・ファーレン長崎 1-0 東京ヴェルディ 2017 J2
△V・ファーレン長崎 0-0 水戸ホーリーホック 2017 J2
○V・ファーレン長崎 3-0 ファジアーノ岡山 2017 J2
●V・ファーレン長崎 0-1 アビスパ福岡 2017 J2
○V・ファーレン長崎 2-0 モンテディオ山形 2017 J2
○V・ファーレン長崎 2-1 ツエーゲン金沢 2017 J2
△V・ファーレン長崎 1-1 横浜FC 2017 J2
○V・ファーレン長崎 4-0 ザスパクサツ群馬 2017 J2 開幕戦
●V・ファーレン長崎 0-2 京都サンガF.C. 2016 J2
●V・ファーレン長崎 1-2 カマタマーレ讃岐 2016 J2
△V・ファーレン長崎 0-0 ギラヴァンツ北九州 2016 J2
○V・ファーレン長崎 2-1 レノファ山口FC 2016 J2
●V・ファーレン長崎 1-2 徳島ヴォルティス 2016 J2
同じカテゴリー(V・ファーレン長崎)の記事
 祝☆V・ファーレン長崎 J1昇格! 2017 J2 (2017-11-12 14:03)
 ○V・ファーレン長崎 1-0 東京ヴェルディ 2017 J2 (2017-05-28 14:18)
 △V・ファーレン長崎 0-0 水戸ホーリーホック 2017 J2 (2017-05-07 19:15)
 ○V・ファーレン長崎 3-0 ファジアーノ岡山 2017 J2 (2017-05-03 19:26)
 ●V・ファーレン長崎 0-1 アビスパ福岡 2017 J2 (2017-04-16 18:06)
 ○V・ファーレン長崎 2-0 モンテディオ山形 2017 J2 (2017-04-16 16:29)
 ○V・ファーレン長崎 2-1 ツエーゲン金沢 2017 J2 (2017-03-21 00:08)
 △V・ファーレン長崎 1-1 横浜FC 2017 J2 (2017-03-06 00:19)
 ○V・ファーレン長崎 4-0 ザスパクサツ群馬 2017 J2 開幕戦 (2017-02-27 21:17)
 ●V・ファーレン長崎 0-2 京都サンガF.C. 2016 J2 (2016-11-20 23:33)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。