2016年07月31日

ながさきみなとまつり 2016 花火撮り

ながさきみなとまつりの花火を撮り行きましょう。というお話ですが。
とにかく暑い。本格的すぎる夏であります。

2016年7月30日のお話。

とりあえず、暑いので、みなとまつりの会場はスルーして、午後からゆっくり。
路線バス、うみかぜに乗って、鍋冠山へ。

だいたい16時半すぎくらいに、展望台着!
すでに、おおまかな場所取りは終わってたみたいですww

最近あちこちの場所取り時間帯が早くなってきてて、ここもたぶんお昼ごろから場所取りしてる感じだとおもいます。んで、NBCのTVクルーがなんかやってたみたいですが、17時過ぎに撤収したので、ちゃっかり、そこに入りましたwうん、残り物には福がある(涙

最終的には三脚は50台強くらい並んだみたいで、その他に、スマホや手持ちで写真撮りに来てる人も加えると、写真撮りだけでかなりの人数です、それに加えて、写真関係なく単なる花火見物客が100人くらい?来ていた。というわけで、アノ展望台に数百人がひしめいているわけです。。。ここって、例年ですと、見物客って、近所の人2~3家族くらいですよw10人とかそういうレベル。やはり、新展望台効果ですね。ものすごい集客力です。

というわけで、展望台が大きくなると、場所取りが楽になるのかというと、そうでは無かったという結果となりました(泣。。。まあいい、賑やかなことは良いこと。

夕方近くになると、花火を打ち上げる台船が入ってきました。いよいよです。


ひさびさなので、風景も撮ってみる。
夕方


マジックアワー。
西の方の雲が無ければ、稲佐山付近にもう少し赤みが残ります。


夜景


ちなみに、夏の時期はここから水平線に日が落ちるところはみられないので、鍋冠山からの夕日は主に、冬と秋春も少し、ということになっております。


鍋冠山は、花火の発射地点から約1km強の距離にあります。大波止ターミナルや夢彩都あたりよりは明らかに遠い。なので、夢彩都で花火は50mmのレンズできっちり入りましたので、ここでと、70とか80mmの縦構図できっちりになるのか?というと、そうでは無くって、ここは、花火と長崎夜景を一緒に撮るところなので、序盤はそのあたりのバランスを探していきます。

以下全部大きな玉が上がったときの写真です。(たぶん、尺玉)

24mmだと、こうなる、わりとスカスカな感じ。


32mmだと、割とバランスが取れてきて、花火が上がってる感じ。


35mmだと、やや花火の方にウェイトが来る感じ。


今回の花火では、2尺玉は上がらなくって、大きいのがたぶん、尺玉だったということになっていたと思います。それで、鍋冠山から見たとき、花火の円の下の高さが稲佐山の高さに来る感じです。
尺玉までなら、35mmのレンズで横構図。というのがひとつの目安になりそう。

本日は、昼はいい風が吹いてたんですが、花火の頃に風がやんでor弱くなって。花火の打ち上げ数が多いので、その煙が滞留してた感じです。なので、写真の通り・・・すっきりとした絵にはならなかった。が、まあ、こういうケースは割と多いので、めげずに、また今度に期待しよう。


花火が終わるとこういう感じ、霧みたいですね




会場の水辺の森公園の状況ですが。
今回はこれまで続いてきた、地元アイドルの出演がなくって、かなり残念だった。
そのかわり、ラブフェスみたいな感じで、今回、藤原さくらさんが来て、ものすーーーーーっごい、人出でした。帰りのバスに乗れなくて、あるいて帰る人多数という事態ですw知らなかった・・・。以前ラブフェスで見た、chayさんや、大原櫻子さんは、すごくよかったの、ちょっと見てみたかったな、とおもいました。まあいい。


明日はV・ファーレン長崎のナイターなので、花火撮りはパス
ちょうどいい時間帯に、2年ぶりの長崎ペーロン選手権決勝があるので、それ見て、
トラスタにいきましょうか、と考え中。


地図はこちら



同じカテゴリー(長崎みなとまつり)の記事画像
ながさきみなとまつり 2015 花火&アイドル
長崎ペーロン選手権 2014 花火 長崎みなとまつり
長崎みなとまつり 2014 花火撮りの場所取り
ペーロン選手権 2013
同じカテゴリー(長崎みなとまつり)の記事
 ながさきみなとまつり 2015 花火&アイドル (2015-07-27 20:12)
 長崎ペーロン選手権 2014 花火 長崎みなとまつり (2014-07-29 02:24)
 長崎みなとまつり 2014 花火撮りの場所取り (2014-07-27 02:27)
 ペーロン選手権 2013 (2013-07-29 22:49)

この記事へのコメント
うげ~、来年以降もカメラマンの数はこんななんですかね。
鍋冠山展望台は、花火と夜景の比率がちょうどいい感じがします。
でもこの人の数は…

私は稲佐山展望台の例の場所で、今日花火撮りに行こうかなぁ~と思っています。
稲佐山は花火撮りにはあまりいい場所ではないですが、有名どころだから押さえておこうかなと。
後、例の場所だとのんびり行けますので。
Posted by H・岩崎 at 2016年07月31日 13:34
H・岩崎さん、こんばんは!コメントありがとうございます。

やっぱり、初物という感じで、やってくる人は多かったのかも。
次回からのことは少し様子見でしょうか、ひとまず、私は、今年ラブフェスが開催されて花火もやるなら、もう1回鍋冠山に行こうかと考え中です。

でも、新しい展望台の構造ですと、多少人が多くても何となくさばけますし開放感はあんまり損なわれない感じですね。やっぱり、飲み物の自販機は欲しかった。今年は暑かったので。
Posted by にわかじげもんにわかじげもん at 2016年08月01日 01:28
昨日の稲佐山展望台での花火撮影で、7月30日ににわかじげもんさんと同じく鍋冠山展望台で花火撮影したというカメラマンと話しました。

そのカメラマンの方は、14時到着。
その時点で、三脚の場所取りはほぼ終っていたとのことです(知り合いがいて入れてもらったとのこと)

ラブフェスや来年のみなとまつりでは、状況は違ってくるでしょうが、一応参考までに。
Posted by H・岩崎 at 2016年08月01日 12:25
H・岩崎さん、こんにちは!コメントありがとうございます。

そうですか2時でうまってるということは、やはり、お昼頃か、もしかしたら午前から、場所取りって事になりますねー。

私の場合、マイカーが無くて、徒歩か公共交通メインなので、いちどその場所に行くとと基本的にその場所で時間待ちをするんですけど、さすがに8時間待ちはきついかも。お弁当2食分必要ですねw

情報ありがとうございましたー。
Posted by にわかじげもんにわかじげもん at 2016年08月02日 07:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。